王子の夏休み[山編]

高野山までドライブ。とはいえせっかくの高野山、ケーブルカーじゃなくて電車を見たいのでまず極楽橋行。

まっすぐ行けば高野山方面へ辿り着くR370をあえて林道へ逸れて、紀伊細川駅を経由しつつ、川を挟んだ向こう岸の高野線の線路を横目に崖道を走り、「→極楽橋駅」の札のかかった獣道のT字路へ到着。ちょっと悩んだ末、車の頭から突っ込みました。

極楽橋で下りたことのある方ならご存じだと思いますが、この先、まともに転回できるところはありません。

なのに無理矢理転回しようとしたら

Rでアクセル踏んでるのに坂道を転がり川に突進!


あと30cmで3m位下の川に転落しかけました(((゚д゚;)))

そしてなす術もなく駅前の道路で朽ち果てていたところを、駅の助役のおじさんと駅掌のお兄さんに助けていただきましたorz
おじさん「ほんま気つけてくださいね、前にもここで川に落ちた車居てるんですよ」
申し訳ありませんでした〜!。・゚・(((((´Д`;)))))・゚・。

折角なので車を停め、駅付近を探索。そして写真撮影。
ぼっちゃん記念撮影
2300はいなかった(´・ω・`)
「極楽橋」も撮りました。次の本の舞台に使えそうです。

恥ずかしいやら楽しいやらで充実した後は、バックして元の林道へ戻り、最終目的地の高野山へ。ケーブルカーだとあっという間ですが、道路は迂回路。ただし紀伊細川〜極楽橋のような崖っぷちの道ではなく、程よく走れる普通の林道でした。窓を全開にして快走。木陰に入るとひんやりします。途中には別荘分譲地もありましたが、果たして売れているのだろうか? なんといっても「最寄り駅極楽橋」。高野山までの対向車は1台、すれ違えないので、こちらがカーブで道幅が膨らんでいるところまで後退しました。ちなみにその方はセルシオに乗ったお坊さんでした(笑)。

いつの間にか空中都市・高野山に突入。気温は電光掲示板によると23度。涼しいです。さすがは世界遺産、外人さんも多く、また近畿以外のナンバーの車もたくさん走っていました。国道の無料パーキングで休憩して、涼んでから酷道で帰りました。楽しかったです。

しかし極楽橋付近のうっそうとした雰囲気が気に入ったのでまた出かけそうです。極楽橋の奥の不動尊行きたい! 

コメント

  1. てんてん より:

    2年前の記事 今頃気がつき 楽しく読ませていただきました。
    楽しくてドンドン読み進んで ドキドキわくわく読ませてもらいました。
    はやて君 わか!

タイトルとURLをコピーしました